癇癪ぐずりをピタッと止めて発達をグーンと加速する!「育てにくい子」を卒業するための3ヶ月計画

メールアドレス 
※必須

 

この書籍は

今は子どもの激しい癇癪
予期せぬぐずりに翻弄されて
子育てがうまくいかないけれど、

 

癇癪に振り回されない
子育ての軸を持ちたい。

育てづらいところじゃなくて
この子の良いところを
伸ばせるママになりたい。

我が子の本当の力を
信じてあげたい・・・。

そんな切実で、温かい願いを持った
あなたのために書きました。

 

書籍を読んだ方から、こんな感想をいただきました!

 

3歳男の子のママ
評価:★★★★★

なかなか言葉が増えない息子の癇癪に悩んでいました。

周りに相談しても、「男の子はそんなものよ〜」と言われて

一人で悶々としていましたが、

脳を発達させるという視点にこれだ!と思いました。

様子をみるだけでなく、今すぐにできることがあるとわかって

とてもほっとしました!

9歳女の子のママ
評価:★★★★☆

様々な要因が複雑に絡み合っているかんしゃくだからこそ、

インターネットで見つけた情報で!自己流で!では
解決できないと確信させられました。

9歳女の子のママ
評価:★★★★★
私は、小学生になっても収まらない
娘の癇癪に長年手を焼いていました。

叱ってもなだめても癇癪は増々ヒートアップして、
暴れてしまって手のつけようがないときもありました。

 

まさか癇癪の原因が脳だったなんて…

始めて知り、驚きでした!癇癪を起こしてしまう理由を知り、
子どもの目線に立って対応していこうと思います。

5歳女の子&9歳男の子のママ
評価:★★★★☆

息子が癇癪を外で起こしたときに、
「こんなに泣かせて」と言われて
すごく傷ついたことがあります。

 

本の中には同じような体験をされている石澤さんが
今では楽しく過ごされていること、
その方法がステップに分けて書かれていて、
私も変われるかも!?とワクワクしました。

 

特典の個別セッションに申し込んだので
その期待分を一つ減らして★4つです♪

 

もう、大丈夫です。
この書籍を読んで、
「育てにくい子」を卒業するための
プランを手に入れてください^^

癇癪ぐずりをピタッと止めて
 発達をグーンと加速する!
「育てにくい子」を
卒業するための3ヶ月計画

無料小冊子プレゼント♪▼

育てにくい子を卒業する3カ月計画

 
今すぐダウンロードする

 

幼稚園に行きたくないよ~

公園から帰りたくないよ~

もっと遊びたい~

ご飯食べたくない~

歯磨きしたくない~

テレビYouTube、もっと見せて~

 

自分の思い通りに物事が進まない時
ぐずって自分の感情や要求を
表現することは、

幼児期のお子さんなら
誰もが通る成長の道です。

3786770_s.jpg

ですが、
お母さんが振り回されたり
疲弊してしまうほど

 

泣き叫んで手がつけられなくなる
激しすぎる癇癪や、

何が原因で癇癪が始まったのか
大人が理由を理解できない
地雷のような癇癪

 

放っておいてはいけません。

 

なぜなら、
感情の爆発は、
感情のコントロールを司る脳を
異常に興奮させ、

その繰り返しは脳内に
クセとなって刻まれてしまうからです。

 

この書籍を読むと、

✔️なぜ、癇癪は起こるのか?

✔️我が子の「感情の脳」の
 発達レベルはどのくらいなのか?

✔️家の中で感情の脳を発達させる
 ママのコミュニケーション

 

が全てわかるようになっています^^

 

この書籍から、
「育てにくい子」を卒業するための
プランを手に入れてくださいね^^


ヒントと夢が詰まった無料電子書籍▼

癇癪ぐずりをピタッと止めて
 発達をグーンと加速する!
「育てにくい子」を
卒業するための3ヶ月計画

育てにくい子を卒業するための3か月計画・書籍表紙

 
今すぐダウンロードする

 

初めまして!

 

この書籍の著者であり、

お母さんの小学校★ななほし

代表石澤かずこです^^

314414941_1335655416970518_2309049712855149348_n.jpg

 

東京都在住。

8歳と6歳の可愛い姉妹、
爽やか系夫との4人暮らし。

 

障害があっても、なくても、
貧しくても、豊かでも、

すべての子どもたちが
自分の才能を生かしながら、
ワクワクと人生を歩んでゆく。

 

そのホームとなるような
「温かな場所」を作りたい!

そんな大きな夢を抱きながら
毎日を過ごしています。

shutterstock_1694212189.jpg

臨床心理士歴10年。

小学校教諭・特別支援学校教諭の
資格や知識を活かしながら、

教育委員会の巡回相談員や
スクールカウンセラー、
療育スタッフとして勤務。

 

その後、
2人の子どもを授かりました。

 

 

可愛い我が子の成長を切に願いつつ、
なかなか理想通りにいかない
子育てに悪戦苦闘の日々。

3434265_s.jpg

 
次女が2歳を過ぎた頃から始まった
ひどい癇癪や、
幼稚園への行きしぶりに、

 

疲弊する毎日を送る中で
脳を育てるコミュニケーションと
出会いました。

 


自分の育て方が悪いのではない!

理由は脳の発達にあったのか!

 

 

目からウロコの「常識」と
科学に基づいた具体的なテクニックで、
取り組むことたった2週間!

 

 

あんなに振り回されていた
次女の癇癪が嘘のように
静まりました。

 

今も時折、癇癪は起こしますが、
対応の軸を持てたから、
自信を持って子育てできる!

 

 

今度は、この経験と、
心理学・教育学、そして脳科学
といった自分の専門性を活かし、

たくさんのママを笑顔にしたいと
活動しています^^

 

 

私の思いの詰まった書籍で
あなたのお子さんの癇癪を
しっかり収めてくださいね!^^

スクリーンショット 2022-09-09 9.57.21.png

癇癪ぐずりをピタッと止めて
 発達をグーンと加速する!
「育てにくい子」を
卒業するための3ヶ月計画

育てにくい子を卒業するための3か月計画・書籍表紙

 
今すぐダウンロードする
 

◆◆◆著者:石澤かずこ◆◆◆

 
 

元臨床心理士。小学校教諭・特別支援学校教諭の資格や知識を活かしながら、教育委員会の巡回相談員やスクールカウンセラー、療育スタッフとして勤務経験のある、本の著者の紹介はこちらから!
▼「お母さんの小学校★ななほし 代表 石澤かずこのプロフィール」

PDFDL【2022年感情の脳・BP養成講座】

メールアドレス 
※必須

タイトルとURLをコピーしました